HOME>特集>加入をするためには必要となってくることもある

物件によって違う保険料

INSURANCE

もしもの時のことを考えて住宅に火災保険をかけるのは安心にも繋がります。一戸建てなのか集合住宅なのかによっても保険料は違ってくるので、適正な保険料を算出するためには診断を受けるべきでしょう。実際に損保会社の社員が足を運んで診断を行うこともありますし、代理店が判断をすることもあります。専門の診断士に細かいところまでチェックをしてもらうことも可能となっているので、どういう判断をするのか、まずは保険会社に相談をしてみるとよいかもしれません。自己判断は危険なので避けるべきでしょう。

地震保険を付帯する場合

火災保険に加入をすると地震保険を付帯させることも可能となります。火災の時だけではなく、地震によって住宅を失ってしまった場合にも対応をすることができるので、加入をしておくべきでしょう。地震保険を付帯させる場合、加入をするエリアによってもリスクが異なってくる、ということがあるので、診断を受けて保険料を算出してもらうとよいでしょう。地震保険だけではなく、他にも様々な特約を付帯させることができるようになっているので、どこまで補償をしてもらうべきなのか、ということも考えてみるとよいでしょう。保険会社でも相談に応じてくれます。

広告募集中